50代のおすすめ秋冬コーデ

かっちりしたジャケットをデニムパンツでラフに着こなす

50代という大人の世代に入って、あえておすすめしたいのがデニムパンツとジャケットのコーデです。ボトムがデニムだと、アウターもラフなアイテムを合わせてしまう人は多いかもしれませんね。靴はスニーカーという人もいるでしょう。しかし、上質なジャケットを合わせることで、ラフでありながらおしゃれな大人の雰囲気を出すことができます。もしくは、革製のタイトなデザインのジャケットもいいかもしれません。足元も革靴を合わせると洗練された印象になります。やや肌寒いと感じるときは、ジャケットの上からマフラーを合わせるのもいいでしょう。ボトムはデニムでも、かっちりしたジャケットを組み合わせることで同窓会や食事会などへの出席も失礼にはなりません。

ロングコートとデニムでスタイリッシュに決める

デニムパンツをおしゃれにするアイテムといえば、ロングコートもあります。チェスターコートやステンカラーコートなど、膝丈くらいのコートを合わせてみましょう。ポイントは、タイトなラインのコートでスタイリッシュにまとめることです。もちろん、デニムも細身のストレートかスリムのものが合います。足元は革靴がおすすめですが、崩したいときには皮製の細身なスニーカーかサイドゴアブーツなどを選ぶといいでしょう。コートの場合、生地によっては秋から冬まで長く着用でき、1着持っていると重宝します。インナーはシャツでもかまいませんが、薄手のニットやロングTシャツでもおしゃれにまとまります。タウンユースとして着こなすのもいいですし、旅行の際のファッションとしてもおしゃれです。

毎朝の髭剃りが面倒、すね毛が気になりハーフパンツが履けない、などの悩みもメンズ脱毛エステなら解決してくれます。男性も脱毛エステに行くのはごく普通の時代になりました。

Back to Top